天皇家、謎が多くて不思議がいっぱい、日本が分かる





天皇~国民なら誰でも持っている権利がない特殊な存在~性、選挙権、自由

天皇には性や選挙権、自由など日本国民が誰でも有している、不変の権利がない。日本の中ではとても特殊な存在である。


 
[皇族には性が無いの??]

 

日本国民ならみんな持っている性だが、皇族は性を持たない。
例えば、浩宮(ひろのみや)徳仁(なるひと)皇太子殿下の場合、浩宮は称号、徳仁が名前になる。

「皇族が性を持たない理由」
性とは、天皇が国民に賜与されたもの。性を持つ事が臣民のあかしでもある。なので、性を与える側の天皇には性がないのは当然と言え、当たり前の事である。




[なぜ皇族は選挙権がないの?]

「選挙権を持たない制度」
皇族は戸籍を持たない。戸籍代わりになる物が皇統譜である。
公職選挙法では、日本で戸籍を持つ事が、選挙権の絶対条件で、戸籍を持たない皇族は選挙権を持てない存在となる。

「選挙権を持てない理由」
日本では古い時代から、天皇のお言葉は勅令として、大きな影響力があった。それは今も昔も変わらない事で、天皇が政治的な発言を公の場で行えば、法律よりも重くなる。そうなれば、法治国家としての原則が失われてしまう。その為、天皇は公の場で政治的な発言を行わなくなり、当然、選挙権及び被選挙権も持たない存在となった。 




[自由がない天皇、驚愕の事実!]

皇族には、日本国民が保証されている自由に関する権利がない。


「例」
・自由に結婚ができない。
・職業選択の自由がない。
・裁判を受ける権利がない。

皇族男子が結婚する為には、皇室会議での許可が必要。
皇籍を離れるには、皇室会議の許可が必要。
皇太子は将来天皇になるしか選択肢は残されていない。
日本国の象徴である天皇は、刑事裁判や民事裁判の対象外になる。


記事を読まれた方はクリックしてください。お願いします。



詳しくは下記で

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

完全版 天皇家の謎【電子書籍】
価格:463円 (2016/8/9時点)



●真実の歴史を知りたい方はここをクリックして下さい!教科書には載っていない。

記事を読まれる方はクリックをお願いします。



生前退位を行う事のメリットとデメリット~天皇制度~

 

メリット

・天皇陛下御自身の意見を尊重できる。

・皇太子が適切な年齢で皇位を継承できる。

・天皇としての公務を全うできる。

 

デメリット

 ・制度を変えないといけないので手間がかかる。

 ・クーデターや反乱が発生した時に政治利用される。

 

どう考えても、生前退位するメリットの方が断然多い。

 

生前退位に反対している人達の意見として、明治時代に生前退位のメリットとデメリットを考慮したうえで、生前退位という選択肢は採用しなかった。

 

生前退位の大きなデメリットしては、反乱やクーデターが発生した時に、新たな天皇を擁立されてしまう事である。圧力で生前退位を迫り、自分の息のかかった人間を天皇に即位させることで自身の政権を安定させる事もできる。実際の歴史でも、何度も行われてきた事である。直近では、戊辰戦争の時に、薩摩や長州は明治天皇、旧幕府や奥羽越列藩同盟は東武天皇をたてて戦った。天皇が政治利用されることは日本史では多々ある。

 

しかし、現在の日本では、クーデーターや反乱が起きて、天皇を政治的に利用するとは考えにくい。もし仮に、反乱やクーデターが発生した時でも、天皇が政治的利用をされないシステムを作れば問題はない。時代の流れに沿った制度にする方がよりベターである事は明白である。

 


●教科書に載らない歴史にこそ本当の意味がある。真実を知りたい方はここをクリックして下さい。

143

2016年8月9日今上天皇のお言葉~意味を読み説く~

 

「国民の理解を得られることを、切に願っています。」

この言葉に天皇陛下の気持ちの全てが詰まっているように思えた。日本国民の1人として、天皇陛下の気持ちを理解して、思いが達成できるように協力したいと思った。

 

→では天皇陛下の思いとは

「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくこと」

 

→天皇が安定的に務めを出来ない場合の問題

「重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。」

「天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念」

 

 摂政を置いて、天皇の代行を立てたとしても、天皇自身は生涯死ぬまで天皇である事に変わりはない。また、重病や高齢で象徴天皇としての仕事が出来なくても、天皇である事には変わりはない。

 

摂政を置いて、天皇の仕事を代行させたとしても、天皇自身の健康状態が悪い場合は、国民の暮らしに悪い影響を与えてしまうという意味である。

 

→象徴天皇の務めに対しての不安と懸念

「次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないか」

「体力の面などから様々な制約を覚える」

 

→いつまでに生前退位をかんがえているのか

「二年後には、平成三十年」

平成30年までに生前退位を行い、新しい体制を望んでいると考える事ができる。

 

 生前退位と言う言葉こそ入ってないが、文面を読み取ると、天皇陛下自身のお考えは、天皇であるなら、天皇としての職務を全うしてなければならない。職務を全うできない状態にあるのなら、天皇の位をゆずるべきである。その方が社会にとって良いことであると読み取る事ができる。

 

文面を読み解くと、天皇陛下は生前退位を望んでいる事が分かる。



記事を読まれた方はクリック↓ 




著者もこの本で皇室の事を勉強しました。とても分かりやい

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

皇室がわかる本 [ 学研パブリッシング ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/10時点)



●真実の歴史を知りたい方はここをクリックして下さい!教科書には載っていない。

このページのトップヘ