天皇陛下にお会いする方法、え!こんな近くから一般参賀でのテクニック公開(2016年の記事)





誰でも、簡単に天皇にお会いする方法はただ一つ。



一般参賀に参加する方法しかありません。



しかも、そのチャンスとなる日が迫っています。


一般参賀とは、天皇陛下に一般市民が会える夢の様なイベントの事


1
2日に皇居にて開催されます。



午前中と午後に計5回も行われます。



誰でも飛び入りで入場できる、気軽に参加できるイベントです。




│ 一般参賀で天皇に会おう!



東京駅に到着、東京駅の外に出る。



まっすぐ、皇居に向かって歩く。



人だかりは半端無く多い。



基本手的に人の流れに沿って歩いて行くと目的地に到着できる。



途中、旗を無料配布しているので手に入れる。



皇居に到着したら、看板に従って移動、手荷物があるかないかで、道が変わります。



荷物チェック、中身を開けて調べられます。



ペットボトルや缶などの水分は全て廃棄させられます。



私自身、買ったばかりの、ペットボトルを捨てるはめになった。ショック



ボディチェック、金属探知機みたいなので検査される。



空港の入国検査に近い。

正門に向かって移動する。

城内に入場・場内に入る前に、かなり待たされる可能性あり

長和殿に到着・この場所で一般参賀が行われる。

混んでいるが、意外と端の方は比較的すいている。


全体的にとても混雑して、身動きもとれなくなってくる。



体調管理やトイレは事前に済ませておかないと大変な事になってしまう。 





│ 一般参賀の始まり


皇族の方は5分ぐらいの登場登場した時に日本の旗を振る
途中、天皇陛下のお言葉があるので、その時旗は振らずに、言葉を聴く。


終了後は速やかに、流れに沿って退場する。
とても混雑しているので大変。


大手門や桔梗門から出る。



「正面近くで天皇陛下を見る方法」


一回の一般参賀で、正面の前の方をキープできることは難しい。



なぜなら、前回の一般参賀から正面の前方で陣取って動かない人達がたくさんいる。

一般参賀は計5回あるのでこれを考慮し、数回で正面をめざす。


一回目の一般参賀が終了後、退場する波に乗らずに、正面の前方を目指して移動を行う。



これを繰り返せば正面の前方に近づくことができる。かなり、人が多いので覚悟が必要だ。

真ん中、正面の前方まで近づくと、お顔が見える距離になる。





クリックお願いします。ホテルはここから予約できます。



●真実の歴史を知りたい方はここをクリックして下さい!教科書に載っていない。