天皇の生前退位を受けて~なぜ、天皇はご自身の考え方を今まで公の場で言えなかったのか~

 

2016年8月9日、天皇が国民一人一人にお言葉を述べた。日本の歴史上、画期的な事が起きた。現在の天皇は自分自身の考え方を公の場で伝える事は出来ない。

 

では、なぜできないのか?

 

憲法第4条「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する機能を有しない。」

 

この条文の、天皇は国政に関する機能を有しないという、条文に引っかかる。天皇ご自身が発した言葉はとても重い。過去の歴史を紐解いても、天皇のお言葉は勅令と呼ばれて、絶対的な権威があった。

 

象徴天皇制になった現代でも、天皇の言葉は政治に大きな影響を与えてしまうので、天皇は自らの考え方を言葉や文字に表す事は出来なかった。もし、天皇が自分自身の考え方を公の場で述べてしまうと、政治に大きな影響を与えてしまう。政治に大きな影響を与えるということは憲法の国政に関する機能を有しないという条文に引っかかる事になる。

 

天皇は政治に関与しない→天皇が公の場で自身の考えを述べる→大きな影響を社会に与える。→政治が動く→天皇は政治に関与しないという原則を破ってしまう。

 

では、なぜ、原則として、自分自身の考え方を公の場で言えない天皇が、今回自身の考え方を公の場で述べたのか?

 

これまでの思いやこれからの事を思って、並々ならぬ決意で、ご自身の考え方を述べたのだと推測できる。

 

2016年8月現在、戦後70年以上経過しても、まだ、変わらない日本国憲法、時代の流れに沿った憲法をせつに願う。天皇陛下の思いに答えたいと私は思う。


下記の本は皇家について分かりやすく解説しています。お勧めな一冊です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

完全版 天皇家の謎【電子書籍】
価格:463円 (2016/8/9時点)



記事を読まれた方は下記をクリックしてください。

●真実の歴史を知りたい方はここをクリックして下さい!教科書には載っていない。